1958年6月設立の児童劇団。山王プロダクションの児童劇団部門。
Line02
タレント・モデル・歌手・俳優・舞台俳優・子役・・・を目指すなら劇団日本児童へ
レッスン風景
Catch_image01
Company Sitemap Inquiry
Line01



レッスンと出演は学校に支障なく行います。

劇団日本児童では、従来の教育形式にとらわれず、伸び伸びとした自由の学びのなかに、実質を尊ぶ創造的な教育の広場を確立し、小さな子供たちがやがて逞しい国際人としての若者に成長して行く未来を信じ、人間性の礎となる芸術的学問・教養をベースに、二十一世紀にふさわしい人材を育成しようと考えています。
劇団日本児童の子どもたちは、多くのレッスンから新しい文化・芸術の世界を学校に支障のないような形で元気いっぱい楽しさいっぱいに学んでおります。 また、子どもとはいえ出演する以上プロと同等の力を要求されるため、全科目をも楽しさだけではなく厳しさももって指導しております。

指導科目・内容

主なレッスン科目は下記の教科が中心です。
舞台演技 舞台公演を通じて基礎演技力を充実させ、情操豊かな人格の形成を目指す。
映像演技 テレビドラマ、CM、映画等への出演に必要な表情や表現力を磨く。
文学朗読 国内外の文学作品の朗読を行い、話法、滑舌等を学ぶ。
ボーカル ボイス・ボーカルトレーニングからハーモニーや表現力までを身に付ける。
ダンス ジャズダンス、ヒップホップ、タップダンス、バレエなど通じ、身体能力を高める。
楽器演奏 ビートやグルーブ感を身につけ、演奏による他者との一体化を図る。
英語劇 楽しみながら英語に触れ、国際性を身に付ける。
道徳指導 合宿体験(春・夏・冬)等の集団学習を通じて社会性を培い、豊かな人間性を養う。
ミュージカル発表 演技・歌・ダンスを高いレベルで融合させるのと共に、音響・照明・装置等の効果を学習する。


まじめな芸能人の育成が目標です。

劇団日本児童は昭和33年の創立以来、
一貫して真面目な芸能人の育成に取り組んでおります。
TVドラマ・CM・映画等への出演だけではなく、
ルールやマナーの指導、友達作りや協調性などを養っております。